04 September

辞書

子供に辞書が必要になり、アマゾンで調べたところ、小学生用には、レインボー国語辞典がいいだろうということで購入しました。小学生用なので、振り仮名が付いているのがいいですね。

さっそく新聞を読みながら、いろいろ調べています。同じシリーズの漢字辞典も購入しました。

下の子もほしがっているので、来年には買おうと思っています。まだ保育園児なのですが、興味津々のようです。

私も最近辞書など読んでいませんでしたが、今は電子辞書がはやりのようですが、やはり紙のほうが読みやすく、目が疲れない。長時間、読み物として読んでいけるということで、紙の辞書、辞典など、見直しました。

広辞苑もそのうち購入したいと思います。
20:00:00 | biolohas-jp | |

18 June

子供の勉強

今は、放課後い残りで宿題を仕上げてきたり、学童の勉強時間に終わらせたりですね。漢字のテスト前などは、実際に書いてみて自分でチェックして、覚えていないところを重点的に繰り返して書く、位のアドバイスは行っています。

テストはだいたい100点なので、今のところ心配していませんが、間違えたtころは、その場でもう一度考えさせるようにしています。うっかりミスも多いですね。

夏休みにドリルを1冊やって、あとは本をしっかりたっぷり読むくらいで、大丈夫なようです。本当は応用問題もやってほしいのですが。これは高学年になってからでいいかもしれません。
20:00:00 | biolohas-jp | |

09 October

勉強は罰なのか

子どもの勉強する姿勢で、人生は大きく変わります。

小学校でも、子供が騒いでいたりすると、先生が、宿題増やすぞ!と言うそうです。つまり宿題は、騒いだ罰として与える、というわけです。

あるいは、テストするよ!子供たちは、えーっ、となるわけです。

テストは嫌なものだ、できればテストはしたくない、しないですめば、テストはしないものだ。

これは勉強への意欲をそぐ原動力となっています。

勉強は嫌なもの、何か悪いことをした別として与えられるもの、つまり頭を働かせることは、いやなことで、面倒なことで、できれば避けたいこと、そういう推理混みを子供たちに与えているのです。

ここは正反対に転換する必要があります。

まず勉強は必要なことです。逃げられないのです。それから勉強は楽しいことです。頭を働かせて考える作業というのは、面白くて、ためになり、そして楽しい。

そう教えてほしいものです。

基礎練習は正解がありますが、さらに応用の問題は、別に正解でなくてもいいと思います。しかし自分の頭で考える、いろいろ試してみる、まずやってみる、取り組んでみる、結果にとらわれずに勉強にとりかかkる、1時間集中してみる、
そういう経験をしながら、脳内に、勉強と、面白ホルモン、意欲ホルモン、みたいなまおのが結びついてくるのではないでしょうか。
20:00:00 | biolohas-jp | |

30 July

子供の宿題終わった

子供が宿題をほとんど終わらせました。あとは読書感想文だけ。

これから子供と本屋に行って、大人買いしてきます。あと算数ドリルを一冊。

提出する作品は、書道の先生にお願いできたし、ドリル関係は、学童でやってきてしまいます。毎日1時間の勉強時間があるので。

あと残りの夏休みは親子で工作なんてやりたいですね。自分が子どもの頃、父親と木工をしたのを思い出します。

お盆休みにかけて、やってみたいと思っています。
20:00:00 | biolohas-jp | |

16 February

子供の教育費

小学生ですけれど、言われているほど対して教育費はかかりませんね。

公立学校ですが、学校関係で言うと、給食費が、4000円弱、他に毎月いろいろ教材費で2000円くらい。家で買う文房具が数百円。全部で6000円というところ。

他に習い事が、月に4000円程度。学童に3000円。

ぜんぶで13000円というところです。


教育費以外では
他に食費が10000円。洋服などが、年間で2,3万円。


ということで、子育て費用としても年間一人あたり25万円くらい、という感じだと思います。
20:00:00 | biolohas-jp | |