Complete text -- "インフルエンザ情報"

20 November

インフルエンザ情報

ちょっとまじめにインフルエンザのことを調べてみました。

そうすると、昨日の論文にあるように、HA/NAのうち一つだけは、新型と、Aソ連型は一致する。それからワクチンの作り方ですが、ウィルスを増やして、分解して、HA画分(これだけならば無毒)というものを、注射して、ワクチンとして使っているのですが、HA画分というのは、もちろんコンタミがあるわけで、ウィルスのいろいろな部分が微量にしろ含まれている。Aソ連型の持つ抗原性は、50%前後新型と一致して、特に細胞性免疫は、Aソ連型感染で、新型に対しても獲得することができる、そう考えてよいのではないでしょうか。

というわけで、季節性のワクチンが、新型に全く効果がない、とは言えないんじゃないでしょうか。特に去年までに打ったワクチンは、今年新型に対しても効いているのではないか、日本の鶏卵で作ったワクチンならば、というのが、私の印象です。

日本で疫学調査をしてみるといいでしょうね。去年まで、季節性のワクチンを毎年打っていた子供と打っていない子供、どちらが新型を発症しやすいか?有意な差が出ると思います。
うちは打っていて、今年は新型にかかっていません。大人も子供も。日本の季節性ワクチンは、ある程度効いているのではないか、というのが私の感想です。メキシコでも、去年まで季節性のワクチンを打っていた人と、打っていない人との間で、新型感染後の症状に差があるようだという報告もあるようですよ。

それでも確証はないわけで、毎日検温しています。発症したら、すぐにタミフルをもらってくる、身構えていますよ。それから12から始まるワクチン接種、これも予約しようと思っています。
08:00:00 | biolohas-jp | |
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック
DISALLOWED (TrackBack)