Complete text -- "景気回復のテンポ"

24 June

景気回復のテンポ

さてさて景気が一時的に回復しようとしていますが、アナリストによると、この効果は、年末から来年で息切れして、また不景気に戻るとのこと。

どうもあまり急激に回復しても、都合がよくないらしい(笑)。

というわけで今後の景気回復策を、生意気にも私が考えてみましょうか。


結局は消費が戻るかどうか、消費が上がれば、景気は回復する、消費が下がれば、また不景気になる、ということは確かのようで、かといって急激に消費を増やすと、その反動で、その後に息切れして落ち込む、ということは、スポット的に時々消費を増やすのがいいのかなと思っています。

というわけで、期末ごと3か月ごと、あるいは半年ごとにちょっと大きな買い物をする、というのがいいのかもしれません。大体の経済統計は、3か月ごとの発表ですから、3か月ごとが好ましい。3か月ごとに、普段買わないものを数万円くらいで、購入する、それをかなり長く続ける、そういうことが必要に思います。

とはいっても先立つものがないと買えませんので、それは勤め先に頑張ってもらって、雇用を維持しながら、賃金を上げないまでも現状を維持する。家計のほうも、一気に大きな買い物をしないで、3か月に1回のちびちび消費、それから普段の食料や衣料などの買い物も今まで通りを維持、そんなイメージでいいような気がします。

我が家も2月くらいから、5月くらいにかけて、毎月数万円の、普段しないような買い物をしてきましたが、それで景気回復に少しは貢献したのかなと思っています。しかし一気に購入すると、その反動で、消費額が下がりますから、その辺の消費ペースも、我々ひとりひとりが考えるべきなのかもしれません。われわれ一人ひとりが、一人一人の消費生活が、景気を回復させる、企業や政府が景気回復をさせるのではない、そんなイメージが必要なのかもしれません。
20:00:00 | biolohas-jp | |
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック
DISALLOWED (TrackBack)