Complete text -- "理想を思い描かない"

12 July

理想を思い描かない

たとえば、会社員とは、とか、男とはこうあるべきだ、女はこうしなければならない、自分はこういう生き方が理想だ、とか、母親は、こうでなければならない、父親は、

ビジネスマンは、学生は、子供は、


こういうあるべきだ、こうであらねばならない、みたいな考えを自分の中で全部とり払っちゃってください。もうどうでもいか、みたいな考えです。家の中の家具を一度全部出してしまうわけです。

それでもって自分に必要なものだけをもう一度取り込む。

自分の生活サイクルを見て、必要なもの、面白いもの、基本的なものだけを選択する。そうすると健康、お金、早寝早起き、家族、友人、愛、仕事とかですね、あとは、笑顔とか、楽しい会話とか、腹8分目の食事とか、その程度じゃないでしょうか。そのためにどうするか。今日何をするかだけを考えたらいいんじゃないでしょうか。

それだけ考えたら、夫のプライドとか、父の威厳とか、どうでもいんじゃないですか。妻が疲れていたら、家事をやる、子供が勉強で悩んでいたら、アドバイスする、とかね。仕事の役割分担がどうの、家事分担が公平かどうの、なんて考えてないで、目の前の小さな問題が小さいうちに解決してしまえばいいわけです。

自分はどうあるべきか、とずっと考え座っているよりも、自分が動き回ればいい、誰もあなたの指示を必要としていない。必要なのは、監督ではなく、プレイヤーなのです。目の前の問題の解決に、正面からすぐにそして時間をかけて取り組む、それをじたばたしていると、何となくいい方向に向かっているような気がします。
20:00:00 | biolohas-jp | |
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック
DISALLOWED (TrackBack)